診療内容|ともまつ眼科クリニック

MEDICAL
診療について

MEDICAL CONTENT
眼科一般治療

気になる症状があればどんな些細なことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

「病院を受診するのは面倒くさい」「病気だとわかったら怖い」と受診をためらっていらっしゃる方がいるかもしれません。でも、診察の結果、それが一時的なことや気にする必要のないことであれば安心できます。
もし病気がひそんでいたとしても受診することで、早期発見や治療ができます。

主な診療内容

  • □ 一般・小児診断
  • □ 眼科検診
  • □ 日帰り手術(白内障など)
  • □ レーザー治療
  • □ コンタクトレンズ・メガネ処方
  • □ セカンドオピニオン
  • □ 硝子体注射

主な疾患

  • □ 白内障
  • □ 緑内障
  • □ 加齢黄斑変性
  • □ 黄斑前膜
  • □ 黄斑円孔
  • □ 網膜剝離
  • □ 糖尿病網膜症
  • □ 結膜炎・花粉症
  • □ 角膜疾患・ドライアイ
  • □ ものもらい
  • □ 眼精疲労

白内障

白内障とは、目のレンズである水晶体が、白く濁る病気です

白内障とは、目のレンズである水晶体が、白く濁る病気です。原因の90%は加齢で、黒目が白く見える、目がかすむ、老眼鏡かけても細かな文字が見えづらいなどの症状があらわれます。
加齢以外にも、緑内障や網膜剥離の手術を受けた場合、糖尿病、アトピー性皮膚炎、外傷などによっても起こります。

白内障は、早期発見が大切です

検査 ―――

加齢性白内障の初期は、ほとんど自覚症状がありません。
見えにくいのは老眼のせいだと自己診断してしまう人がいます。しかし老眼は近くのものだけが見えにくいのに対して、白内障は全体が見えにくくなります。
白内障は、目薬を1日3~4回点眼することで進行を遅らせることができます。
定期的に眼科の定期検診などで早期発見に努めましょう。

白内障手術は、日帰りで行える手術です

  • こんな時は手術を考えましょう
  • ・視力が低下して、仕事に支障がある ・外では眩しくて、極端に見えづらい
  • ・視力が0.7いかになって、運転免許の更新ができない
手術 ―――

白内障は一度発症すると、進行を遅らせることはできますが、完全に治すことはできません。
ある程度、白内障が進行した場合は、手術が必要です。
白内障手術は、濁った水晶体を超音波で取り除き、人工の水晶体である眼内レンズを挿入する手術です。手術時間は10分程度で日帰り手術で行えます。
また、一度挿入した眼内レンズは取り替える必要はありません。

緑内障

緑内障とは、見える範囲(視野)が狭くなる病気です

緑内障とは、眼圧があがってしまい、視野(見える範囲)が狭くなったり、見えない部分(暗点)が出現する病気のことです。

◆見え方の変化(右眼のみを示す)


初 期

中 期

末 期

白内障と緑内障の違い

名前が似ているので、よく間違われますが、全く別の病気です。
白内障は、目のレンズが白く濁る病気で、基本は点眼ですが、日帰り手術で治ります。
緑内障は、目の眼圧があがり視野が狭くなる病気で、点眼治療が基本。完治は難しいです。

緑内障は、早期発見が大切です

検査 ―――

緑内障の詳しい原因はわかっていませんが、40歳頃から徐々に増えてきます。
視力は変わらず、ほとんど自覚症状がないまま、病気が進行していきます。気づいたときには、視野が既にかなり狭くなっていることが少なくありません。
病気の進行とともに視力も低下し、最悪の場合失明にいたることがあります。
定期的に眼科の定期検診などで早期発見に努めましょう。

緑内障の検査と治療方法

治療 ―――

緑内障かどうかを調べるには眼圧、眼底、視野検査などの検査が必要です。
緑内障と診断されたら、眼圧を下げる点眼薬を使った治療が基本です。
眼圧のコントロールがうまくいかないときは、手術になることもありますが、完治はしないので、一生付き合っていかなければならない病気です。
緑内障を早期に発見し、点眼薬による治療を続けていれば、多くの場合、失明に至ることはありません。

加齢性黄斑変性症

加齢黄斑変性とは、モノが歪んで見え、
視力が低下する病気です

加齢黄斑変性とは、網膜の中心にある「黄斑」という組織が、加齢とともに変化し、モノが歪んで見えたり、視力が低下したりする病気です。
加齢黄斑変性は、糖尿病網膜症、緑内障とともに、失明を引き起こす病気として注意が必要です。

加齢黄斑変性の検査と治療法

治療 ―――

加齢黄斑変性かどうかを調べるには視力、眼底、アムスラー検査、造影検査、光干渉断層計などの検査が必要です。当院で、すべて検査できます。
治療はお薬を硝子体内に注射する方法が一般的です。
その他にも、レーザーを使った治療があります。
当院でも硝子体注射を行っています。

まぶたの病気

01 眼瞼下垂(がんけんかすい)

まぶたを挙げる筋肉が衰えたことで、まぶたが下がる病気です。

原因 加齢、ハードコンタクトの長期使用など
症状 「まぶたが重くて、開けづらい」「おでこのシワが気になる」
「肩凝りや頭痛がする」「視界が狭くなる」「目が疲れやすい」
治療 手術で治すことができます。
施術時間 入院 術後通院
片目約30分 不要 3回(翌日、約1週間後と1か月後)※

※術後通院回数は、個人差がございます。

02 眼瞼皮膚弛緩症(がんけんひふしかんしょう)

偽眼瞼下垂と言われる、眼瞼皮膚弛緩症もあります。
これはまぶたを上げる力はあるのですが、まぶたの皮膚自体がたるみ、眼瞼下垂のようになります。

原因 加齢、ハードコンタクトの長期使用など
症状 「まぶたが重くて、開けづらい」「おでこのシワが気になる」
「肩凝りや頭痛がする」「視界が狭くなる」「目が疲れやすい」
治療 手術で治すことができます。
施術時間 入院 術後通院
片目約15分 不要 3回(翌日、約1週間後と1か月後)※

※術後通院回数は、個人差がございます。

03 その他の病気

まつげが目に当たる(内反症)などの病気に対しても手術を行っております。

ともまつ眼科クリニックで行う眼瞼手術の特徴

・健康保険で行います。
・目を熟知し、手術を得意とする眼科専門医が施術するので、安心です。

0587-58-5558

受付時間
9:00 ~ 12:30 15:30 ~ 18:00
休診日
土曜午後、日曜・祝日

〒482-0031 愛知県岩倉市八剱町大門出先33の1 Google Map →
受付時間:9:00 ~ 12:30 15:30 ~ 18:00  休診日 : 土曜午後、日曜・祝日

診療時間 日祝
9:00 - 12:30 手術 /
14:00 - 18:00 手術 手術 / /