医院案内

  1. HOME
  2. 医院案内
  3. 設備・施設

院内の様子

外観
カネスエ八剱店と、コメダやガストがある交差点との間にあります。
オレンジ色の屋根が目印です。
受付
スタッフが笑顔でお迎えいたします。まずはこちらで、受付をお済ませください。会計も、こちらになります。
明室検査室
待合室から入ってすぐの検査室です。明るいお部屋で行うことができる、視力検査など基本的な眼科の検査を行います。
暗室検査室
光の入らない暗いお部屋で、検査を行います。視野検査や眼底検査、網膜の状態を見る検査などを行います。
中待合室
診察室や処置室にに通じる待合室です。
第一診察室
第二診察室
処置室
診察室の間にあるお部屋です。簡単な目の処置や、美容処置を行うお部屋です。

検査・治療機器

手術機器

  • 超音波白内障手術装置
    最も普及している超音波白内障手術装置です。 
    短い時間で手術ができるので、患者様の負担が少なく手術を行うことができます。
  • 硝子体・白内障手術装置
    日本中の硝子体術者の信頼を得ている最新の硝子体手術機械です。
    硝子体手術はもちろん、難症例白内障手術時にも対応できます。
  • 手術用顕微鏡
    眼科の手術は、ミクロンの世界で行われます。肉眼での治療ですと安全の確保が難しいため、眼科手術の場合、手術用の顕微鏡が必須です。

明室検査機器

  • オートレフケラトメーター(屈折度測定装置)
    屈折や角膜の曲率半径を測る機械です。どのくらいの近視や乱視があるかという他覚的屈折検査と、角膜曲率半径(角膜の丸み具合)を同時に測ります。
  • ノンコンタクトトノメーター(眼圧計)
    プシュッと空気が出る機械です。角膜に空気を噴射して角膜のへこみ具合を測り眼圧を測定する器械です。機械が直接眼に触れないので(空気だけ)眼圧のスクリーニングに用います。
  • オートレンズメーター(度数測定装置)
    現在お使いのメガネの度数を調べることができる機械です。
  • 液晶視力表
    一般的に使われる視力検査の機械です。影響画面に視力表が映し出されます。立体視などの検査も行えます。
  • ハンドヘルドレフラクトメーター(屈折度測定装置)
    椅子に座って機械を覗き込むことができないお子さんの屈折度を測定することができます。

暗室検査機器

  • 角膜内皮細胞撮影装置
    角膜の一番内側の内皮細胞の数や、大きさ、形を調べる検査です。特にコンタクトレンズ装用や白内障手術前後に測定し、角膜の細胞数をチェックします。
  • YAGレーザー
    白内障の手術のあと、何年かすると、人工レンズを入れた袋がにごって、視力が低下することがあります(後発白内障)。その治療を行う機械です。
  • 3次元眼底画像撮影装置
    非常に細かいレベルの血流まで画像化できる機械です。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性などの眼底の血管の異常を伴う病気の診断に使用します。
  • 光学式眼軸長測定装置
    白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)や角膜の丸みや前房深度、水晶体厚みなど多くの部分の測定を目に触れることなく一度に測定します。
  • 自動視野計
    明るさの違う光が、さまざまな場所に出現し、光が見えたらブザーを押していただきます。視野を確認することができます。緑内障の早期発見や視神経疾患、網膜疾患などを調べるのに効果的な機器です。

その他

  • スリットランプ(細隙灯顕微鏡)
    診察室で行う検査です。結膜、涙点から角膜、前房、虹彩、瞳孔、水晶体、硝子体などの組織を観察し、肉眼ではわからない眼球内の異常を見つけ出します。
  • 超音波式厚度計
    超音波を使って、眼球の各組織の異常を調べる機械です。特に白内障が進んで、水晶体より後方の硝子体、網膜の病変が検眼鏡で見えないときには、必須の検査法です。
  • 手持眼圧計
    ほとんど刺激のない、目に優しい眼圧計です。シュッと空気が出る空気眼圧計が苦手な方、小児の眼圧測定などに使用します。
  • ポータブル手術顕微鏡
    処置室に設置している顕微鏡です。美容処置の際も、繊細な施術が可能になるよう使用します。

ABOUT THE CLINICクリニック概要

〒482-0031
愛知県岩倉市八剱町大門出先33の1

診療科目眼科・小児眼科

0587-58-5558

診療時間 日祝
09:00~12:30
15:30~18:30

★手術 休診日土曜午後、日曜・祝日
午後の受付時間は15:30~18:00です。

Calendar Loading

…休診日 …午後休診 …その他