診療内容

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. 小児眼科

小児眼科

院長は、日本弱視斜視学会 (弱視・斜視を専門とする医師の登録医)、日本小児眼科学会(小児眼科を専門とする医師の登録医)に所属しています。

お子さんの見え方で気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

弱視

生まれたばかりの赤ちゃんは、はっきり物が見えているのではなく、外からの視覚刺激を受けることによって視力が発達し見えるようになります。その発達は、8歳頃までで終了すると考えられています。

弱視とは視力の発達過程で適切な視覚刺激を受け取ることができなかったために、視力の発達が止まったり遅れたりすることをいいます。
弱視の治療が行えるのは視力が発達する期間に限られるため、一般的に8歳頃までが対象となりますが、それを超えても治療の適応になりえます。
治療を開始する時期が早いほど治療効果が高いため、できるだけ早い段階で気づき治療を始めることが大切です。

弱視の治療の流れ

検査

視力検査、屈折検査、斜視検査などを行います。
また、眼底を観察して弱視のような症状が出る病気(緑内障、視神経低形成、黄斑低形成など)についても検査をします。

斜視とは、物を見ようとするときに片目は物を見ているが、もう片目が物とは違う方向を向いている状態です。

治療

弱視と診断された場合は、治療用メガネの処方やアイパッチ治療をお子さまの状態に合わせてご提案いたします。

斜視が強いなどで特別な治療が必要と診断された場合は、専門の医療機関をご紹介いたします。

斜視

斜視とは、物を見ようとするときに片目は物を見ているが、もう片目が物とは違う方向を向いている状態です。
違う方向を向いている目は使わなくなり弱視になる場合もありますので、早めに気づき治療を開始することが大切です。

斜視の治療の流れ

斜視の検査

視力検査、屈折検査、斜視検査などを行います。

また、眼底を観察して斜視が出る病気についても検査をします。

斜視の治療方法

斜視治療の目的は大きく分けて2つあります。

1つは容姿をととのえる「整容」であり、もう1つは両眼視機能を改善させる「視機能向上」です。
どちらか1つのみが目的であっても手術治療は受けられます。

治療用メガネの処方やアイパッチ治療など、お子さまの状態に合わせた治療をご提案いたします。
斜視手術は当院でも行っております。

(当院では全身麻酔での斜視手術は行っていませんので、全身麻酔が必要と診断されたお子さまは、斜視専門外来のある病院へご紹介いたします。手術後の経過観察は当院で受けられます。) 

小児の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡およびコンタクトレンズの作成費用が、健康保険の適用となり、患者さま負担割合以外の額が、療養費として償還払い扱いで患者さまに給付されます。
当院でも対応しておりますので、対象となる患者さまにはご説明いたします。
対象年齢は9歳未満です。

ABOUT THE CLINICクリニック概要

〒482-0031
愛知県岩倉市八剱町大門出先33の1

診療科目眼科・小児眼科

0587-58-5558

診療時間 日祝
09:00~12:30
15:30~18:30

★手術 休診日土曜午後、日曜・祝日
午後の受付時間は15:30~18:00です。

Calendar Loading

…休診日 …午後休診 …その他