診療内容

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. 黄斑円孔

黄斑円孔

黄斑円孔とは、網膜の中心部分に穴があく病気です

黄斑とは、モノを見るときに重要なはたらきをする組織です。網膜の中心部分にあります。
その網膜の中心に、穴(孔)が空いてしまい、見たいところが見えにくくなる病気です。

加齢によって起きる硝子体の収縮が原因です。
60代くらいをピークに、その前後の年齢の方によく起きます。特に、近視の人や女性に多い傾向があります。

黄斑円孔の検査と治療法

黄斑円孔は、眼底検査ですぐにわかります。
OCT(光学的干渉断層計)を用いれば、黄斑円孔の断面をきれいに映し出すことができます。

黄斑円孔がごくまれに自然に治ることもありますが、手術による治療が一般的です。

手術は硝子体手術です。眼の中にガスを入れて、円孔をふさぎます。
術後、数日のうつ伏せ姿勢をとっていただきます。

高齢の患者さんでは、硝子体手術によって白内障が進行するので、白内障の手術を同時に行うこともあります。

ABOUT THE CLINICクリニック概要

〒482-0031
愛知県岩倉市八剱町大門出先33の1

診療科目眼科・小児眼科

0587-58-5558

診療時間 日祝
09:00~12:30
15:30~18:30

★手術 休診日土曜午後、日曜・祝日
午後の受付時間は15:30~18:00です。

Calendar Loading

…休診日 …午後休診 …その他